IAA 国際アロマテラピー学院とは

IAA

国際アロマテラピー学院International Aromatherapy Academyは、IAPA国際アロマフィトテラピー協会認定スクールとして、大阪(本校)、名古屋、横浜、沖縄など、現在日本各地で開講しています。

IAPAの理念である「人を育むアロマ」に基づき、アロマテラピーの素晴らしさを多くの方に実感し、活用いただくことを目ざした授業を展開しています。
IAA各校のアロマテラピーコースでは、認定試験合格者にIAPAアロマテラピスト認定証が与えられます。

本当のアロマを学ぶ

IAAはアロマの真髄を伝えます。それは、卒業生達が本当にアロマを使いこなすことができるように成長してほしいと願っているからです。
精油の力は強く広範囲に及びます。
しかしその理由はどこにあるのでしょうか。人間は絶えず呼吸によって香りを脳に送ります。
また精油の成分は、肺、皮膚、血管、リンパ、筋肉、神経にまで影響を与えます。さらには経絡との関連もあります。人が幸福に暮らしていくのに欠かせない生命力そのものに精油は力を及ぼせるのです。これらのことを活用できる知識と実技を教えるためIAAは努力し
研究を続けています。 

講義

工夫された教材で、難しく思われがちな精油の化学成分も詳しく学べます。
また自律神経やストレスについての深い知識を得ることができます。
将来テラピストとして活動する際に、クライアントのニーズに応えられるようダイエット用、肩こり、腰の痛み、自律神経ケアのブレンドレシピなども製作実習します。クライアントのため、また自分や家族のセルフケアのため、欠かせない知識を全体を通じて学んでいきます。

実技

アロマテラピーはトリートメントを通して効果を実感できます。
ですから実技の授業はとても重要です。
IAAの実技授業を受けたいために当スクールに来られる方がどんどん増えています。アロマを勉強したことはあっても他の人
に施術する自信を持てない方が多くいらっしゃいます。
IAAの実技授業はプロの力をつけさせるためのものです。
サロンで多くのクライアントを抱える経験豊富な先生がクライアントの要望に応えられる実技を教えます。

精油

良い精油を使う、これは当たり前のことですが、同時に難しいことでもあります。リラクゼーションだけでなくメディカルなアロマを行うには徹底した精油選びが求められるからです。
IAAでは「ケモタイプ(セラピーグレード)」の精油のみを使用します。また授業で主に使用されるのは完全無農薬有機栽培の
ハーブを特許製法である低温低圧蒸留法で蒸留したオイルです。
これらのオイルは高品質であるゆえに多くの化学成分を含みます。

それをどう活用することができるかを授業で扱われます。

卒業後

受講生の皆様を卒業後もサポートします。日々進歩するアロマの世界にあって必要な情報を会報を通してお伝えします。また定期的に開催される定例会に参加していただくことで技術の向上を図っていただけます。また、卒業生には特別価格でオイルなど基材の販売も行っています。また就職情報が入った場合には卒業生に優先的に斡旋させていただいております。サロン開業のためのご相談もお受けいたします。

IAA公式サイト

IAPA 国際アロマフィトテラピー協会について

IAPAは非営利の研究教育団体です。
よく知られているアロマテラピーの大規模な協会に比べればとても小さく、無名な団体ですが、元々、様々な協会の出身者により、成分や作用についての知識はもちろん、本当に効果的なトリートメント技術や、さらにもっと深く踏み込んだアロマの情報が欲しい・・・
という要望に答える形でスタートしました。 (2001~)

これまでフランス式の、メディカルなアロマの使用法について研究・教育をおこなってきましたが、今ではそれにとどまらず、より健康になるためのアロマテラピー、経絡・ハーブ・アーユルヴェーダなどと融合した精油の使用など、さらに研究範囲を広げています。

フィトテラピーとは「植物療法」という意味です。植物の恵みを健康に生かすもので、ハーブや漢方、そしてアロマもこれに含まれます。